皮膚科|やまつじ医院 - 岸和田市下松駅の内科・皮膚科・外科・健康診断

〒596-0823 大阪府岸和田市下松町4丁目13-8
072-427-3166

皮膚科

皮膚科|やまつじ医院 - 岸和田市下松駅の内科・皮膚科・外科・健康診断

皮膚科

急性・一過性の湿疹から慢性・難治性の疾患まで、あらゆる皮膚の病気に対する診療を行います。頭から足先まで、皮膚の他、髪や爪の病気にも対応いたします。
また、難治性の皮膚疾患や皮膚の腫瘍、美容に関するご相談についても、当院土曜日の皮膚科医による診察や、総合病院皮膚科への紹介など、病状に応じて対応いたします。
当院では漢方処方も行っております。

皮膚科医師の専門外来(毎週土曜)を開設しています

お肌に関することでお悩みの方や、皮膚症状がなかなか治らない方、平日に皮膚科へ行けない方は、ぜひ土曜日に来院ください。
皮膚科の先生にお悩みをぜひご相談ください。美容皮膚科についても相談を承ります。予約不要です。土曜日、8:45~11:45(受付時間)にお越しください。
※なお、平日(月曜~金曜)は、山辻仁樹(院長)による皮膚疾患の診療もございます。

一般皮膚科

お肌のお悩み(一般皮膚科)

湿疹、かぶれ、手荒れ、かゆみ・じんましん、乾燥肌・アトピー性皮膚炎、虫刺され、とびひ、やけど(熱傷)、にきび、口のヘルペス、帯状疱疹、いぼ、水いぼ、水虫、陥入爪、爪の化膿、ウオノメ、ガングリオン、感染性粉瘤、乾癬、掌蹠膿疱症、男性型脱毛症(AGA)など。

美容皮膚科

お肌のお悩み(美容系)

しみ、くすみ、しわ、乾燥、にきび、ピアスなど。

当院では、ピーリング石鹸やドクターコスメなど美容皮膚科学に基づいた機能性化粧品を取り扱っております。お気軽におたずねください。
症状によって飲み薬や塗り薬も処方いたします。

セルニュープラス

セルニュープラス(常盤薬品工業 ノブ)

セルニュープラス ロゴ

https://cellnewplus.jp/ce/

スキンピールバー

スキンピールバー(サンソリット)

スキンピールバー ロゴ

https://www.sunsorit.co.jp/skinpeelbar/

症状・病気について

湿疹

かゆみを伴うことが多く、辛いものです。
患部を掻いてしまうことによってこじらせ悪化することもありますので早めの受診をおすすめします。
治療は、かゆみや炎症を抑える外用薬や内服薬を使用します。

かぶれ

皮膚に直接触れたものが原因となって起こる炎症や湿疹をかぶれ(接触性皮膚炎)と言います。

蕁麻疹(じんましん)

かゆみの強い、盛り上がった発疹ができる皮膚疾患をじんましんと言います。
原因は、食べ物や内服薬、細菌やウイルスなど様々で、血液検査等で調べます。
治療は抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などを使用します。

やけど

赤みが続き、水ぶくれができるなら皮膚科を受診しましょう。受診が遅れると、細菌感染がおこり、あとが残ることがあります。特に湯たんぽやカイロによる低温やけどには注意が必要です。
軟膏や被覆材にて治療します。

にきび

思春期ニキビは、成長期のホルモンバランスの急激な変化が原因で発症します。
大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れの他、睡眠不足、紫外線、ストレスや生活環境など様々な要因が絡み合っています。
外用薬、内服薬(抗生物質、ビタミン剤、漢方薬など)で治療します。ニキビ痕や色素沈着にならないためには早めの治療をお勧めします。

ヘルペス

口唇や口のまわりの水疱・発疹が見られます。一度感染するとウイルスが体内に潜伏し再発を繰り返すことが多いです。
発疹の出る前にチクチクする感じなどの予兆が出ます。その時点で内服を始めると治りが早まります。治療は、抗ウイルス剤の内服と外用を行います。

いぼ(尋常性疣贅[ゆうぜい])

お子さんや若い方の指や足にできるイボです。ヒトパピローマウイルスの感染により生じます。
液体窒素による治療(綿棒でマイナス196度の液体窒素を当てて凍らせる方法)を行っております。

みずいぼ(伝染性軟属腫)

ご兄弟やプールで感染し、全身にイボができます。当院ではペンレステープ(痛み止めの貼り薬)を使った痛くない治療を実施していますのでお子さんもご安心ください。ペンレスの効果が出るまで1時間お待ちいただきますので、受付終了の1時間前までにはご来院ください。

水虫

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビ(真菌)の感染により発症する疾患です。
角質または爪の一部を採取し顕微鏡で確認し診断します。
治療は塗り薬、内服薬(爪水虫)を処方します。

陥入爪(かんにゅうそう)、爪周囲の化膿

巻き爪が進行すると、肉の部分に曲がった爪がどんどん食い込み、化膿して激しい痛みを引き起こすようになります。抗生剤の飲み薬、塗り薬、ガーゼクッション、テーピング、切除等、状態に応じて治療いたします。

ウオノメ(鶏眼)

足の裏の特定の場所が慢性的に刺激を受けて発症します。
貼り薬でふやかして、厚くなった角質を削ります。

ガングリオン

ゼリー状の内容物の詰まった腫瘤(こぶ)が手関節などにできます。注射器で中身を吸引します。

感染性粉瘤

粉瘤は毛穴の奥にできた袋の中に老廃物や皮脂が溜まった腫瘤(できもの)で、
細菌感染を起こすと腫れて痛みます。切開して膿を取り除きます。

男性型脱毛症(AGA)

男性ホルモンに関連する病気で、前頭部や頭頂部から薄毛や抜け毛が始まります。進行を抑えるためには早めの治療が大切です。当院では、飲み薬:プロペシア、フィナステリド(ジェネリック)を処方します。特にジェネリック(後発品)は低価格になっております。

  • 初診料+フィナステリド28錠 8,220円
  • 再診料+フィナステリド28錠 5,860円

(税込み 2019年10月~)

page top